【書籍】「イスラーム哲学の原像」と光州ビエンナーレ2016




Pocket

P_20160902_230930
Background
The notion of the eighth climate, or “the imaginal”, goes back to the 12thcentury Persian mystic and philosopher Sohravardi, and was elaborated by the 20th century French philosopher Henri Corbin. It is an addition to the seven physical climates of the earth identified by ancient Greek geographers.

Unlike in the seven earthly climates, the eighth climate is not based on a separation of matter and spirit, history and myth – it is ontologically real and existing, but beyond our ordinary way of perceiving and understanding things. The eighth climate establishes real imaginative knowledge and function, while escaping rationalism as we know it. The eighth climate is also known as mundus imaginalis in Latin (the imaginal world).

 

光州ビエンナーレの公式サイト内「Exhibition Structure」によると、今年のテーマである「the eighth climate(第八の風土)」(あるいは「imagial」)とは、12世紀のイランの照明学的哲学者スフラワルディーの時代まで遡り、20世紀のフランスの哲学者アンリ・コルバンが精巧に作り上げた概念ということです。

 

・・・と言われてもよくわからず色々検索したところ、神秘主義やイスラム哲学と関係があるようなのと、興味が湧いたので井筒俊彦著「イスラーム哲学の原像」という本を購入しました。

本書はどちらかというと、スフラワルディーと同時代の思想家イブンアラビーの唱えた「存在一性論」に主題が置かれている本のようですが、アンリ・コルバンはスフラワルディーの研究もしていたようですし、私もそのあたりの知識が全然無いのでまず一冊読んでみます。

読み終えたらまた感想等書きたいと思います!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です