池袋駅に新業態書店「梟書茶房」がオープン。早速行ってきました!




Pocket

本と珈琲 梟書茶房(ふくろう しょさぼう)に行ってきたよ

こんにちは、 Hirokoです。
先日、2017年6月30日池袋駅直結のショッピングビルEsolaの4階に「本と珈琲 梟書茶房(ふくろう しょさぼう)」がオープンしたことをネットニュースで知りました。
ドトールコーヒーの新業態というそのお店は、書房+茶房をコンセプトにしているということで、本屋もドトールも好きな私はかなり気になってました。
近くを通りがかったのでオープンまもない店舗に行ってきましたよ。

本と珈琲 梟書茶房のコンセプト

IMG_20170701_180305122_HDR

提供する珈琲は、特別な時間を愉しんでいただくためにサイフォンで抽出。店内で自由に読める約1000冊の本は、「あらたな本との出合い」をテーマに選書しています。
販売する約2000冊の書籍はすべて袋綴じの『シークレットブック』。表紙に書かれている紹介文と自分のインスピレーションだけが、どんな本かを想像する手掛かりです。店内は、「珈琲と食事を楽しむ、読書と珈琲を楽しむ、物思いに耽る、お喋りする」をテーマとした4つの空間に分け、その日の気分で使い分けられるようデザインしております。

IMG_20170701_180415556_HDR
コーヒーを愛するドトールコーヒー菅野眞博さんと、神楽坂の書店「かもめブックス」を手掛ける柳下恭平さんが「本と珈琲」の魅力を伝えようと作ったお店。

上の引用にもありますが、特徴的なのはそこに置かれている本は全て袋とじの「シークレットブック」になっているところです。カバーが掛かっていて表紙がわからず、その上にあらすじやおすすめ度、価格などが書かれた紙が入ってます。

そして品揃えは普通のこの広さの書店よりかなり厳選されている。

お店に行った際にもらった「目録」という小冊子を読んでると、これらの理由が書いてありました。

普段から本を習慣的に読む人は別として、世界の大抵の人は、そもそも読書の習慣を持たないのじゃないのかなって、僕は思うのです。そもそも本屋さんに来ない人もたくさんいるだろうし、世の中には楽しいことが多すぎるから。

くるしまぎれのヤケクソに、という訳じゃないのですけれど。それでも、本はおもしろい。普段、本を読まない人に、本屋さんに来ない人に、どうすれば、この魅力を伝えることができるだろうか、と考えたら、ふくろう文庫になりました。

私は昔本屋で働いたことがあったり、普段から本屋に通っているので、「そんなに本って買わないのか・・・?」と、なんだか色々と考えさせられちゃうけれど、

西野亮廣さんが、「人は体験したことの思い出として、「おみやげ」としてものを買う。ディズニーランドとか最高のお土産屋。(https://lineblog.me/nishino/archives/9250537.html)」と言ってるのをブログで読んだり、

こういう本屋の取り組みを見たりして、

確かに今の時代に、もっと多くの人に本を売って届けようとするとこういう形を試す場所があっても面白いなぁと思うようになってきました。

個人的には、ブックデザインやタイトルやキャッチコピーにも刺激を受けることが多々あるので、全部隠れちゃってるのは寂しいけどね!

けど多分、ここは本と出会って選ぶ時間や、美味しい珈琲を楽しんだ証としての本があるのかなと。そんな事を思いました。

カフェはこんな感じ

IMG_20170701_180448974_HDR
そのような背景があると、もちろんカフェの雰囲気も大事だと思うんですが、今回混んでて中は入っておらず、、
でも外から見た雰囲気、おしゃれっぽくデートでも一人でも良さそうでした。値段設定も高すぎないし、珈琲以外のソフトドリンクも色々あります。(だいたい珈琲500円〜、サンドイッチとかも500円、600円前後から)

面白かったのが、カフェの方で注文できるシークレットブックセットの初テーマが「孤独」だったところ。媚びてない感じで良いな。
IMG_20170701_180510490_HDR

珈琲とシークレットブックセット
梟書茶房では、数量限定でシーズンごとに「珈琲と本のセット」の販売をいたします。
珈琲は、本のイメージに合わせてオリジナルにブレンド。
本は、袋綴じとなっているので、本がお好きな方や、プレゼントにも最適です。

IMG_20170701_180726067
カフェゾーンはいくつかの種類があって、「一人で本と向き合う」「ゆったりくつろぐ」「本を閲覧可能」「テラス席」っていう使い分けができるよう。パスタやパンの食事もあるし、結構使える幅も広そうです。

今度はカフェも行ってみたいな!これからも遊びに行こうと思います。

 

店舗情報

本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-21-1 Esola(エソラ)池袋 4F

10:30~22:00(L.O.21:30)

公式サイト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です