【光州ビエンナーレ】アーティスティックディレクター、マリア・リンドの経歴




Pocket

マリア・リンドの経歴を調べていてインディペンデント・キュレーターズ・インターナショナル(ICI)の存在を知りました。

下記サイトに載っていた情報の簡単な和訳です。

MARIA LIND

Maria Lind is Director of the Tensta Konsthall and an independent curator and writer interested in exploring the formats and methodologies connected with the contemporary art institution.

She was the director of the graduate program at the Center for Curatorial Studies, Bard College from 2008–10. Before that, she was director of lASPIS in Stockholm (2005–07) and Director of the Munich Kunstverein (2002–04). Previous to that she was curator at Moderna Museet in Stockholm (from 1997–2001) and in 1998 was co-curator of Manifesta 2, Europe’s nomadic biennial of contemporary art.

Lind was the 2009 recipient of the Walter Hopps Award for Curatorial Achievement.A compendium of her essays to date, Selected Maria Lind Writing, was published by Sternberg Press in 2010.

 

マリア・リンドはスウェーデンの美術館テンスタ・コンストハルのキュレーターであり、現代美術の形式やメソッドを探求するインディペンデントキュレーター、ライターでもある。

彼女はミュンヘン・クンストフェラインのディレクター(2002-04)、ストックホルムのlASPIS(2005-07)、センター・フォー・キュラトリアル・スタディーズ大学院、バードカレッジで大学院プログラムのディレクター (2008-10)に在籍し、ストックホルム近代美術館でキュレーターだった1998年にはマニフェスタ2の共同キュレーターを務める。

2009年には影響力のある学業の達成によってウォルター・ホップス賞を受賞。

これまでの彼女のエッセイの大要「Selected Maria Lind Writing」が2010年にスタンバーグ出版によって出版された。

 

出典:ウェブサイト[Independent curator’s international] マリア・リンド項




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です