東京都写真美術館がリニューアルオープン!杉本博司「ロスト・ヒューマン」を見てきました




Pocket

R0015429

R0015428-2

今年通算20周年目を迎える、恵比寿の東京都写真美術館(新愛称はTOP MUSEUM)。リニューアルのため2014年9月より閉館しており、2016年9月に再開となった。

このリニューアル後初回の展示を飾るのは杉本博司「ロスト・ヒューマン」と、「世界報道写真展2016」。

オープンから一週間経った9月11日に「ロスト・ヒューマン」を鑑賞。週末だったこともあり館内は盛況で、皆興味深く作品を見つめていた。

 

会場は2フロアを利用し、3階では「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」、2階は(「劇場」シリーズより発展した)「廃墟劇場」、「仏の海」と3部に分かれた構成となっている。

展示冒頭の言葉で、そして作品で杉本博司は人類と文明の「最悪の未来」について語る。

様々な者になりきって、彼らから想像された「最後」を描く作品。

未来のためにアーティストが見せるものに対して、観客であり同時代を生きる私たちは何を考えて応えれば良いのか。そう問われるような展示内容だった。

そして2階の「廃墟劇場」「仏の海」シリーズでは、写真の美しさ自体にも目を奪われた。

廃墟劇場は、廃墟となった劇場に作家がスクリーンを持ち込み、映画を投影した光のみで撮影されている。膨大であろう実験の時間と、技術から生まれたものに圧倒される。

劇場に白く残る光が、重なり合った物語と人のいた時間を写す。

アーティストとしての正しい姿勢を見せてもらったような展示だった。

おすすめの展覧会です。


・杉本博司「ロストヒューマン」 公式サイト

会期:2016年9月3日〜2016年11月3日

 

・世界報道写真展2016 公式サイト

会期:9月3日〜10月23日

 

会場:東京都写真美術館

URL:http://www.topmuseum.jp/

住所:〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

TEL: 03-3280-0099

休館日:毎週月曜日(9月19日開館、翌20日閉館。10月10日開館、翌11日閉館)

開館時間:10:00~18:00(木・金は20:00/但し9月9日・10日は21:00)※入館は閉館の30分前まで




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です